競技会

※個別のお知らせや過去の記録は各競技会ページをご覧ください。

弊連盟の主催する競技会

 

「久住山岳滑翔大会」

【開催時期】毎年8月
【場所】久住滑空場(大分県竹田市久住高原)
【競技内容】山岳地帯での飛行体験と競技。初心者は教官(審査員)同乗で飛行技量を審査。上級者は単座飛行によるコース周回競技。
【出場者】全国加盟校より約40名

 

「全日本学生グライダー新人競技大会」(通称 新人戦)

【開催時期】毎年9月
【会場】木曽川滑空場(岐阜県海津市)
【競技内容】離陸から着陸までの基本的な操縦技量を審査員が同乗して審査。
【出場者】全国加盟校の2年生以下の部員約50名。1校2名まで出場可。

 

「関東学生グライダー競技会」(東日本地区)
「東海・関西学生グライダー競技会」(東海・関西地区)
「西部学生グライダー競技会」(九州地区)    (以上通称 地区大会)

【開催時期】毎年10月~11月
【会場】東日本地区: 妻沼滑空場(埼玉県熊谷市)
    東海・関西地区: 大野グライダー滑空場(岐阜県揖斐郡大野町)
    九州地区: 久住滑空場(大分県竹田市)
【競技内容】翌年3月開催の「全日本学生グライダー競技大会」への各地区出場選手を選抜する。
【出場者】「全日本学生グライダー競技大会」出場資格取得もしくは取得見込みの学生。

 

「全日本学生グライダー競技大会」(通称 全国大会)

【開催時期】毎年3月
【会場】妻沼滑空場(埼玉県熊谷市)
【競技内容】指定コース周回競技。周回時間を競う。個人部門および団体部門(チーム)。
【出場者】各地区大会で選抜された選手・チーム。選手数1チーム5名、出場チーム16チームまで。
※本大会は大学スポーツ協会のUNIVAS Cup指定競技会となっています。

 

2021年度(2021年4月~2022年3月)連盟主催競技会スケジュール(2021/9/15現在)

※今年度は新型コロナ流行の影響により日程変更・開催中止する場合があります

競技会名

日 程 会 場 備 考
第39回 久住山岳滑翔大会 2021年8月19日(木)~24日(火) 久住滑空場

新型コロナのため中止

第24回 全日本学生グライダー新人競技大会 2021年9月11日(土)~17日(金) 木曽川滑空場

新型コロナのため中止

第37回 関東学生グライダー競技会

前半戦:2021年10月10日(日)~11日(月)
後半戦:2021年10月15日(金)~17日(日)

妻沼滑空場  新型コロナのため中止
第41回 東海・関西学生グライダー競技会

前半戦:2021年10月23日(土)~25日(月)
後半戦:2021年10月29日(金)~31日(日)

大野グライダー滑空場  新型コロナのため中止
第34回 西部学生グライダー競技会

前半戦:2021年10月23日(土)~25日(月)
後半戦:2021年11月6日(土)~8日(月)

久住滑空場  新型コロナのため中止
第62回 全日本学生グライダー競技大会

2022年3月7日(月)~3月12日(土)

妻沼滑空場  

 

その他の競技会

 その他弊連盟が後援する様々な競技会がおこなわれています。

早慶対抗グライダー競技会 (2月・妻沼滑空場) 早稲田大学 vs 慶應義塾大学

関関対抗グライダー競技会 (3月・福井空港) 関西大学 vs 関西学院大学

おおのローズカップ (5月・大野グライダー滑空場) 東海・関西地区各校学生+学連OBペアによるチーム対抗戦

東京六大学対抗グライダー競技会 (8~9月・妻沼滑空場) 早稲田大学・立教大学・法政大学・慶應義塾大学・東京大学・明治大学対抗戦

関関同立対抗グライダー競技会 (10月・大野グライダー滑空場) 関西大学・関西学院大学・同志社大学・立命館大学対抗戦