JSALについて

ご挨拶

  会長 後藤 昇弘

 弊連盟では「青少年の心身の健全な発達と航空文化の発展に寄与する」と云う基本方針の下、安全運航を最優先に学生のグライダー活動の一層の発展を目指して全力で取り組んでおります。安全な教育訓練システムを維持・改善するために各訓練所の情報を集約し安全で効率的な訓練指導を行うべく訓練指導・情報共有体制の強化に努力しております。訓練生の皆さんはこれらの情報を十分理解して身につけ「飛行する」ことを楽しんでいただきたいと思います。そして、飛行について、訓練法について、社会への広報について等々要望がありましたら、遠慮なく連盟に言っていただければ幸いです。風通しの良い環境作りも安全につながるものと信じています。
 昨年より世界的なコロナウィルスの流行によって、学連ならびに加盟各校の活動も大きく制限せざるを得ない状況となっておりますが、皆さんの健康無事を祈念するとともに、一日も早い病禍の終息と活動の正常化を祈りたいと思います。
 日本の将来を担う学生の育成のために、今後とも関係各位のご支援ご協力をよろしくお願い申し上げます。